FC2ブログ

チラシの裏

多方面にネタバレを含みます。

将来に対する唯ぼんやり した不安

時代の流れというか、技術の進歩があんまり早すぎて、この流れに死ぬまでついていけるのか?と、最近はちょくちょく不安になってます。
若いうちはノリと感性でなんとなくついていけてたものも、年を取るとどんどん脳細胞も衰えてきて、理解も遅くなっていく。これからどんどん年を重ねていく中で、更に加速度を増していく世界に対して、自分は今の地位を保ったまま、自分が望む人生を生きていけるのか?
こういう不安を持っている人って、わりといるんじゃないかなあ…と思ったりするんですが、少数派なんだろうか。

最近は「普通の生き方」って否定されがちだけど(普通という価値観そのものが押し付けがましいという感じ?)、個人的には大量の人間が限られたリソースを活用しながら生きようとすると、「普通」っていう社会規範みたいなものはあったほうが便利だと思うんですけど。
でも逆に、「普通は●●だよね」って価値観のせいで苦しんでいる自分もいたりして、これが結構難しい。
かのアインシュタインは「常識は18歳までに身に着けた偏見のコレクションだ」と言っていて、この言葉はなるほど正しい。と思いつつ、でも人間なんて自分の中の偏見を個性と呼んで生きていく生き物なんだし、最大公約数的に決められる普通の概念って、自分がそっから外れるとめちゃくちゃしんどいけど、全くない方がこうむる不利益が多いように思ったり。
perfumeの歌の歌詞に「みんなが 言う「普通」ってさなんだかんだで実際たぶん真ん中じゃなく 理想にちかい」というのがありますが、確かに普通って理想だと思う。
でも、だからこそ、やっぱ共通認識としての普通=理想ってあったほうが楽なんじゃない?と思うんですけど…
それは思考停止と怒る人もいそうですが、普通=理想なら、それを維持するのって実は大変なことなので、普通になるための努力するって行為が必要になるから、悪いことはないと思うんです。
ほら、社会人になって見ると、自分の親が普通にサラリーマンで稼いで自分の養育費捻出して…って生活を20年だかなんだかやってるのって実は大変なことだったんだなと気づくのと同じでさぁ…そういうアレでソレですよ。(日本語が下手)

ただ、こういう考え方って、とても旧式的なのかも。
と、すると、自分はすでに世の中の流れについていけてないのか…?
とかとか、いろいろ考えていると冒頭の不安につながってくるわけで…。


調べものとかする時は、すぐネットで調べたり、現地に行かなくても予約が出来たりするのはすごく楽ちんで、いい時代に生まれたな―と思ったりもするんですけど。
便利すぎて、情報は過剰に入ってくるし、本来は触れずにすんだものに触れる機会が増えたり、返事がちょっと遅いとイライラしたり、無用に夜中にスマホ触って無為な時間を過ごしてしまったり…失っているものも多い気がするんですよね。

あー、もっと時代や技術の流れがゆっくりした時代に生まれたかった…などと思うこともしばしば。
でも、多分どの時代に生きたって生きづらさや苦労は絶えずあるんだろうけど…。
(むしろ、現代って人類史を相対的に評価すれば、だいぶ生きやすい世の中なんだとは思うんだけど。)

色々と考えては凹んだり元気になったり。中々…楽しいけど、生きづらい時代だなあと思います。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ki3ragi.blog51.fc2.com/tb.php/639-e1b06f80
該当の記事は見つかりませんでした。