FC2ブログ

チラシの裏

多方面にネタバレを含みます。

ソルティレイ&プラスチックメモリーズ

またまたアニメを見たので感想をば。

■ソルティ・レイ
12年前に起こったブラストフォールという災害で行方不明になった娘を探しながらハンターをするロイの元に、身元不明の機械の少女が落ちてきて…。という、2005年制作のSFアニメ。

前からネット掲示板でよく名前を見てたので気になってたので見ました。
終盤の展開が惜しい感じはありましたが、最終回Cパートが最高に名作だったのでもういいんや…。
主人公の一人であるロボ娘のソルティちゃん、もっと無感情系ロボかと思ったんですが、かなり人間らしい仕草のいい娘だったので、ギャップもあいまってよかった。人間であるもう一人の主人公ロイも、もっとハードボイルド化と思いきや、結構人間臭いおっさんだったのがよかったですな。中の人の中田譲治が実にいい演技をしてて…娘が大事なダメ親父っぷりがよかった。
女盗賊のローズは意外な立ち回りのキャラでしたが、中盤までは結構好きでした。いや、最終的にもまあ好きなんだけど、プロシードに所属してからの行動に対してお咎め全然ないのがな…少なくともセリカを間接的に殺してるわけだしなあ…。
いやぁでも最終回Cパートがよかったので…(何度でも言う。)
ラスボスの中の人が島本須美さんってのもよかった。
私が彼女のファンだからってのもあるでしょうが、あのハスキーで優しい声に機械的な慈悲を持ったAI役やらせるの、最高だね…無慈悲な慈悲っていいわあ

■プラスチックメモリーズ
ギフティアというアンドロイドが実用化された近未来。大学受験に失敗した主人公は、約10年でメモリーが消えてしまうギフティアを回収する会社・ターミナルケアにコネ入社。そこで、クールでポンコツなギフティアの少女アイラとコンビを組むことになるが…。2015年制作のSFアニメ。

オチは知ってまして、自分は絶対泣くだろうな~と思ったんですが、全体的に惜しいつくりの作品で、いまいちノリきれませんでした。
主人公のバディであるアイラはもうすぐメモリーが消えてしまう(=寿命が近い)ギフティアで、主人公と彼女との出会いと別れ…を主軸にした話なんですが、ギフティアの設定がどうにもガバガバすぎて…。
ギフティア、10年でメモリーが初期化されるのはいいとして、初期化された後に暴走する個体もいるっていう設定もあり、(メモリーのバックアップもとれない上に、放置してたら暴走して人間に被害がでる恐れがあるアンドロイドって欠陥製品すぎね??)ってなってしまい…序盤は結構この暴走周りの話で暗い展開もあるんですけど、この危険性に対して市政の人はどう感じてるんだとか、そこらへんの問題がピックアップされないので、なんか薄っぺらいというか…。
ギフティアがなんでこんなに普及したのか?とか、「アンドロイドが実用化された未来なんで」の一言で済むっちゃあ済むんですが、そこは一言でも言及がほしい…。
人間とギフティアは見た目はほとんど差異もないし、ギフティアの不具合ネタもアイラのポンコツ具合でしか描写されないので、あんまりアンドロイドにした意味が薄くてですね…

「やりたいことはわかるけど、世界観がガバガバすぎて乗り切れない…」というまま、最終回を迎えてしまいました。

う~ん。
せめて、OPも含めて色々と匂わせていたアイラの過去話はしっかりやってほしかったな。
キャラクターがアイラの過去を口頭で語るだけで済ませられてるので、そこもあまり感情移入できないんですよね…。
もっと、過去のアイラの仕事ぶりと、そっからの挫折にフォーカスしたほうが、主人公との日々でアイラが救われたよっていう肝の部分が生きたと思うんですが…。

色々反面教師になったけれども…いやー惜しいなあ。
アイラちゃんがわりと可愛いキャラだったのが救いだ…。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ki3ragi.blog51.fc2.com/tb.php/628-45677dbf
該当の記事は見つかりませんでした。