FC2ブログ

チラシの裏

多方面にネタバレを含みます。

レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1見ました!
去年の暮れぐらいに映画館行った時に予告編を見て、「これは見ないと!」と思ってた映画。
スピルバーグ作品って最近はドキュメンタリー系が多いイメージだったので、久々にアクションエンタメ系な印象。71歳のおじいちゃんがどこまでエンタメを作れるのだろう…と思ったのですが、さすがのスピルバーグでした。すごい。71歳になっても、全然少年の心を忘れてない。私なんかより、全然感性が若いのでは!?と思いました。

前半はちょっとのんびりな印象でしたが、後半の怒涛の展開。何重にも張り巡らされた展開の嵐はさすが…オアシス(VR)とリアルで二重で話が展開する構成が実に面白かったです!!よくこんなに色んなピンチを考えられるなあ…。
また、イースターエッグとオアシスの創始者の後悔を軸にした話づくりもよかったです。ハリデーが失った友情を、ウェイドたちは断ち切らなかったからこその、あの結末に至るという…。私はこういう失われた過去の後悔が挽回される・後世に活かされる展開に弱いので…。受付のじいさんアバターの正体も実にニクイ!!!
また、ハリデーの「ぼくの作ったゲームで遊んでくれてありがとう」のセリフには泣かされました。
いやあ、クリエイター冥利に尽きるよね…うん…。
ここらへんのストーリーテリングのすごさは原作小説の力だと思いますが…。是非原作も読んでみたいです。

それにしても、のっけからデロリアンとカネダのバイクのカーチェイス(カー?)ではじまり、ラストバトルではメカゴジラVSガンダムという超アツイ展開の目白押しはたまりませんでした。普通に見ても十分に面白い映画だと思いますが、オタクだと更に楽しめる作品かと!見ながら、「ああ、オタクでよかった!!!」と心から思いました・笑
「俺はガンダムで行く!」のシーンは激熱すぎますよ。あのシーン、「台詞を「●●、行きまーす」にするか?」という話もあったそうですが、演者さんの考えで「俺はガンダムで行く!」にしたそうで。ナイスな判断だ…。自分があの場面で参戦するなら、何のアバターで行くかなあ…と色々考えてしまいました。(なんだろな~。あえて、ガンバスターとかヤマトで突っ込んでみたいような気も。)

役者さん的なところだと、ベン・メンデルソーンの役どころが…「ローグ・ワン」と同じワルイ中間管理職で笑いました。なんかもう、そういうイメージがついてしまうんだが!笑
あと、フナーレのビジュアルがブレードランナー2049のラヴそっくりで、笑ってしまったw

いや~ほんと、スピルバーグという最高のオタクによる、全世界のオタクのための映画でした…スピルバーグ…ありがとう…

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ki3ragi.blog51.fc2.com/tb.php/624-1cf7f929
該当の記事は見つかりませんでした。