FC2ブログ

チラシの裏

多方面にネタバレを含みます。

「最後のジェダイ」の感想その2 など

「最後のジェダイ」の感想色々見てると、“ダース・ベイダーを暗黒面から救い出したルークが、気の迷いとはいえ自分の甥を手にかけようとするか?”って意見がちょいちょい見られますね。
ん~まあ、そういう声が出るのはわからんでもないかも?ですが、一方でルークを神格化しすぎな気もする。
ルークは確かにダース・ベイダーを救い出す強さを持っていたわけだけど、彼が光明面のみを持つ人間だとは思わないんですよね。旧作でも結構色々葛藤してた描写はあったし。彼にも大いなる闇はあるけれど、大事な仲間がいること、父親に戻ってきてほしいという希望があったから、暗黒面に惹かれる自分を律して、あの結末に至ったわけなんで、清廉潔白で独り立ちで光明面に居続けられる人間ではないと思うんだよな。
EP4のころの無邪気さを思えば、EP6の彼の表情は結構含みというか、複雑さが垣間見える場面が多いと思う。闇を知った上で光の世界にいようと努力するルークだったからこそ、ベイダーをアナキンに戻せたんだと思うわけです。

だからEP4の後、自分しかジェダイがいない中で、あまりにも強いカイロ・レンの闇に一瞬気が迷うのは仕方ないような気もするよ…。
気が迷ったことに対して、「一瞬現れた、影のようなものだった」と言って、そんな自分を深く恥じているあたりが、(ああ、ルークだなあ…)と私は思いました。

---

「最後のジェダイ」を見た影響でEP4⇒EP3⇒各エピソードメイキング集を見ていたら休日が終わりそうです。ひえ~。
「フォースの覚醒」見た時もだいぶ興奮してたけど、今回はさらに上回ってんな。

なんかこれまであまり意識しなかったけど、オビ=ワンめちゃくちゃかっこいいし、いいキャラだね…
アレック・ギネスのオビ=ワンの憂いと厳しさとやさしさが内包された演技が素敵だ~
ユアン・マクレガーのオビ=ワンもすげ~かっこいい。
公開当時も「 You were the chosen one! 」のシーンは印象残ってましたけど、あらためてこう色々考えて見ると…。
EP3の最初のアナキンとの息ピッタリ~な戦いぶりとか見てると、ウッ…オビ=ワン…!!!ってなる。つらい。

EP3見てて、『アナキンが暗黒面に落ちたのはパドメを救うため・ベイダーが光明面に戻ったのは息子を救うため』っていう図式になってんの、すっげー熱いな!!!って興奮しました。
ジョージ・ルーカス、さすがにくい演出するわ…。
それにしてもアナキンが瀕死になってからのサイボーグ手術受けるのってめちゃくちゃ短期間の出来事なんですよね。
なのにあんなかっちょいいベイダーフォルムを用意した皇帝のセンスすごいよな。皇帝が準備したんか知らんけど。
ここでヘンテコなフォルム用意されてて「なんじゃこりゃー!?」みたいな同人パロ、死ぬほどありそう。(ないか?

6年前に買ったコンプリートボックス、ほとんど見てなかったんですけど、今更未公開映像とか見てるとめっちゃ面白いっす。
EP4のタトゥイーンで同年代の友達とわちゃわちゃしてるルークがかわいくて尊い~。
スタッフインタビューも、(こんなに手間かけて作ってたんかい…)ってわかって驚愕しましたよ。
出だしも20世紀FOXのファンファーレではじまるし、いや~買っといてよかった~。

---

リハビリかねてらくがき。
絵ってほんと、描かないともろに劣化にするよなあ…
20171217.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ki3ragi.blog51.fc2.com/tb.php/614-ba817ce9
該当の記事は見つかりませんでした。