FC2ブログ

チラシの裏

多方面にネタバレを含みます。

「スターウォーズEP8/最後のジェダイ」見ました。

※ネタバレしかありませんのでご注意ください。

※ネタバレなしの感想はこちらの方のものが本当によかった。同じ気持ちです…。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レビュー【ネタバレなし】破壊と混沌、そして希望

※以下、私の感想

泣きはしなかったけど、もう最高でしたわ…すごい。
スターウォーズというのは銀河を巡る壮大な歴史叙事詩であり、フォースの光明面と暗黒面の壮絶な戦いの物語って前提があるわけですが、本作では「正義と悪の二元論」に対して、誰かの光は誰かの闇であることを打ち出していました。
「絶対的な正しさ」はどこにもない。
これまでのスターウォーズという叙事詩が描いてきた価値観に一石を投じながら、新時代に踏み込むストーリーになっていました。
見ながらもう、この仕掛けに、ただただすごい!!!スターウォーズはまだまだ進化する!!!!素晴らしい!!!!と膝を打つばかりでした。
思えば、スターウォーズというのはもとはアナキン・スカイウォーカーとダース・ベイダーという同じ人物の二つの側面を中心に話が構成されてるので、元々「誰かの光は誰かの闇であること」を描いてはいたんですけど、そこにグッと踏み込んでいく話になっていたなあと。

過去のオマージュが多めだったEP7に比べると本当に新しい世界に飛び込んでいく内容で(EP7のそこが大好きですが!)、でも、それはこれまの積み重ねなくしてはありえない道程で。もう旧三部作からのスターウォーズファンとして、こんな形で新しい物語に立ち会えたのがただただ嬉しい気持ちでした。

あと、今回すっごく音楽がよかった。あんまりスターウォーズの音楽細かくは知らないんだけども、カイロレンVSルークのシーンの音楽とかめちゃくちゃ迫力あって興奮した。今日ほど、ジョン・ウィリアムズがスターウォーズの音楽を手掛けてくれたことに感謝した日はありません。ああ~~生まれてきてくれてありがとう、ジョン・ウィリアムズ…!

そんなこんなで、スクラップアンドビルドを見事にやってのけたEP8。
本当に素晴らしい一作でした。全く不満がないわけじゃないけど、でも劇場を出た時の興奮たるや!
「スターウォーズの新作をリアルタイムで楽しめる時代に生きていて、本当に幸せだ!!」と踊りだしたい気持ちでした。
はあ~~~…あと3回は見たい…。

---

※以下、オタク目線の萌え語り

ルーク・スカイウォーカーが最高だったよ~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
いやもうほんと最高でした。最高&最高。
元々自分、旧作からルーク大好きなので、もう今回たまりませんでした。
ああ~~~かっこよかった…かっこよかった…。
EP6が終わった後の彼の人生は本当に波乱万丈で、沢山の過ちも犯してきてしまったわけだけど、彼の最期が安らかで前向きで穏やかなものであったことが本当にうれしい。
過ちを犯した罪悪感から偏屈ジジイになってたり、臆病な側面があったりってとこもよかった。
オビ=ワンとヨーダの要素が垣間見えるところにフフッてなったり。
R2との再会シーンすっごくよかったしぃ~~~~~~R2があそこでレイアの映像みせて「ずるいぞ」ってとこなんかもう、ああ~~~~R2~~~~!!!R2~~~~~~~~!!!ってなった。あれで動かされちゃうルーク、だいぶちょろい。ちょろカワジジイ。
霊体ヨーダとの語りもよかったです。
ヨーダ…これまでで一番有用なことをしたシーンだったのではw 
マスターヨーダここにあり!って感じで。ああ~~~師匠~~~最高だわ…。愚かで未熟な弟子とそれを導く師匠。あのシーンはほんとよかった。
そして、ラストのVSカイロ・レンの時のルークの老熟した佇まいのなんとかっこいいことか…すごかった…あんなんときめくでしょ。
惑星の設定もよかったね~~白と赤の世界。新作は美術面がめっちゃ優れてるなあと思います。物語を押し上げまくるよね!はあ~よかった・・。

EP8のテーマは「絶対的な正しさはない」ということと、「世代交代」ということなのかな。
世代交代…胸アツなテーマやでしかし・・。

ルークが好きすぎるのでルークの話ばっかになりましたが、ほかのキャラも成長があってよかったよ~~!
ポーの成長がよかった。
フィンは変わらずまっすぐ。
レイは危うさを秘めながらもめっちゃくちゃ強くて、なんて頼りになるジェダイなんだと…。
レイかっこよすぎるでしょ…。
そして今作見ててカイロレンめっちゃ好きになったわ。なんかもうだいぶめったくそに言われてたけど!スノークに「そのダサいマスクはずせ!(意訳)」って言われるシーンは可哀想だったぞ!!もうやめて!カイロレンのライフはゼロよ!!!

レイとカイロレンの精神感応のシーンもよかったな~。お前らニュータイプかいってなったけど。
カイロレンが上半身マッパで出てきて怪訝な目で「服ないの!?」って言うレイがよかった…夫婦漫才かよ…劇場でも結構クスクスしてたし。謎の生き物のおっぱい飲むルーク(他に言い方ないんかい)にレイがドン引きするシーンも面白かったw
今回こういう真面目だけどクスっとさせるシーン多くてよかった。

そしてレイとカイロレン二人の共闘シーンは胸熱すぎました。あんな展開、燃えないほうがむずかしくない!??!そっからの離別も最高だったわ。
スノークがあんな簡単に死ぬとは思わなかったけども。あいつ一体なんだったんだよ…
レイに振られた後にハックスに首絞め攻撃くらわすシーン見て(ついにそこまでおじいちゃんそっくりに…!!)ってなったよ。
予告見てるとレイは闇落ちするのか?って煽ってたけど、抜群の安定感でしたね。ほんと頼りになる。すげーよレイ。

そいやレイの親の話はえらい引っ張るので、私はてっきりアナキンと同じで、ミディクロリアンの意志で生まれた子なのかな~と思ったんですが、そんなことなかったね!

レイアの変わりに指揮権もってた将軍(名前忘れた)もよかった。無能にみせかけて…ってこういうの弱い。
彼女がハイパードライブで敵艦真っ二つにするシーンの無音演出は「トップをねらえ!」の第6話中盤の宇宙怪獣戦を彷彿とさせましたな…(私ぐらいか?)

あ、個人的にレイとフィンは恋愛関係よりも友情のままがいいなと思ってたので恋愛フラグがなくなった(?)っぽいのはうれしかった。(だからと言って、別にローズとのロマンスもいらんけど…。あの場面でキスはいらんかったやろと思う。)

ちょこちょこ粗もあるし、ん??ってとこもあるんだけど、基本的にはもう大満足だったんで、今んところはいいや!って感じです。
まあ時間置いて、何回か見たら色々あるのかもだけどさあ…今はただ、このEP8を見れたことがうれしいよ。

最後に、ひっそり退場したアクバー提督に敬礼。本当に、一つの時代が終わったな…、と思った…。アクバー提督…。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ki3ragi.blog51.fc2.com/tb.php/613-68251e9b
該当の記事は見つかりませんでした。