FC2ブログ

チラシの裏

多方面にネタバレを含みます。

見た映画とか

◆ジーサンズ/はじめての強盗
年金を打ち切られたじいさんたちが銀行強盗する話。
銀行強盗の動機が、めちゃ切実で地味な願いなのがいいね!と、思うと同時に、リアルだなあと。
ジジイになっても人生の苦楽を分かち合える友情があるって素敵だなあと思う映画だった。
あと、BTTFのドクがリアルボケ老人役で出ててワロタ。
ちょっとかったるいかなと思う場面もあったけど、飛行機で見たせいかも…

◆ブルークリスマス
世界各地にUFOが頻繁に現われ、それと遭遇した人間の血が青く変質する世の中が舞台のSF。
そもそも邦画をあまり見ない中、日本産のSFってほぼ初めて見たかもしれない。
『青い血』を異質なものとして世界各国の政府は隠蔽する中、静かに進む謀略…こういうラストのなるのか!とゾクッとした。
合間合間で暗示的に入れられるホロコーストの映像が、後半の展開を示していて上手い構成だなあと。
とてつもなく悲劇的で、この後の世界はどうなってしまうのかと思うと恐ろしいほどのバッドエンドなのに、不思議と後味は悪くない。
藤子F先生の流血鬼をもっとシリアスにしましたみたいな…。(でもラストの虐殺シーンは怖かった……。
『決定的に異なる部分がある存在でも、人は人同士理解しあうことができるのか?』という問いに対して、本作の世界はNOを突き付けて終わるわけだけど、青い血と赤い血が交わるラストは別の答えも示唆してて、そこがもううまいなあって思いました。
知らなかったけど、庵野監督が好きな映画らしく、エヴァの使徒の血が青いのはこれが元ネタなのね。
なんか、『太陽を盗んだ男』といい、昭和の日本映画ってスケールがでかいっすね。

◆キングコング/髑髏島の巨神
キングコングシリーズは初めて見た。けど、これまでの作品とはまた一線引いた話なので全然問題なかった。
かなり大味のアクション映画なので、こまけえこたあいいんだよ!って感じw
舞台が冷戦時代っていうのは個人的には好きでしたが、ベトナム戦争と絡める必要性はなんか薄かった気も…。
サミュエル・L・ジャクソン演じる隊長の戦争に対するやりきれない気持ちとか、もっとうまく扱えばそこらへんの印象は違ったんだろうな。ちょうどこないだ「ランボー」見たとこだったんで、ここの粗はすごくひっかかった。
WWⅡの途中で髑髏島に不時着したパイロットの扱いはすごくよかった。EDの扱いといい、そうそう、こういうのがいいよねって感じ。
キングコングが悪じゃなくて、もっと別に敵がいますっていう構成なのは、ほかのシリーズもそうなんだろか?
美女との絡みも一応いれてあるあたり、これはお約束なのかなあと。
あのバトルで美女を握りつぶさずに敵を倒せるキングコングさんかっけーわ。

◆カーズ3/クロスロード
ライトニング・マックィーンが事故で大破してからの再起の話、と、聞いていたんだけども、まさかあんなラストになるとは!!
予想外過ぎてびっくりした。
う~ん、レーサーとしてのマックィーンを応援してると、あのラストは結構もにょるのでは…という気も。
『トイ・ストーリー3』でもそうだったけど、ピクサーは“継承(世代交代)”ってテーマが好きなのかな。
いや、私も好きですけども、まだまだマックィーン自身は若者って感じなので、もうそうなるの!?って動揺してしまった。
あと、『カーズ2』の時は(ちょっと、メーターうざいな…)と思ってたんですが、本作のメーターはすごくいい親友っぷりで(メーター最高ーーー!!!!)ってなりました。サリーよりずっと女房ポジションじゃねえ?w(いや、サリーも好きだよ?
今は動揺が勝っちゃって、ひえーー!ってなってるけど、数年後にもっかい落ち着いてみたら結構好きになれそうって感じ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ki3ragi.blog51.fc2.com/tb.php/609-3bd70573
該当の記事は見つかりませんでした。