FC2ブログ

チラシの裏

多方面にネタバレを含みます。

お金の奴隷解放宣言の例のお話

20170120.jpg
オリキャラ・李徴くん。
トーン処理やりたくて描いたんだけど、見事に迷走しましたね…
李徴くんのお話はくそ長いけどオチまで考えているのですが、いかんせん描くとなると、大変そうだなー

---

お金の奴隷解放宣言の例のお話。
無料公開自体は今はそんなに珍しくもなくなってきてるので、冷静に考えたらそんなにすごいことでも、大騒ぎする案件でもないような気がするんですが、言い方の問題かなあ。
記事の最後に「自分が無料公開するからといって、ほかの人にも同じこと要求しちゃだめだよ」って一言ありましたけど、そこんとこはあんまり取り上げられてないような。みんな原文読んでるのかな。
まあ、その一言があるならなおさら、なぜ記事タイトルを「お金の奴隷解放宣言」なんて煽りまくったもんにしたかなあと思っちゃったりもしますが。

ネットで無料公開してる作品って売り上げ落ちないのかなあ、と疑問だったのですが、むしろそっちのほうが売り上げ上がるという話も聞いたことがありますが、どっちなんでしょうね。(そもそも、コンテンツの面白さって作品ごとに変わるのに、どうやって比較してるんだろ?)

誰かが何かを作った場合に、等価値の金銭が発生すること自体は正しい現象だと思いますけど、そこにお金を発生さすかどうかを選ぶのは発信者の自由、ではある…ので一概に批判もできないんだと思うんだけども、でも、まあこれがスタンダードになると市場が崩壊するので、迷惑っちゃー迷惑って人の気持ちもわからんでもないっす。

お金ばっか求めて質が悪いのはどうかと思いますが、お金が介在しない仕事は責任が生まれないのでムズカシイですね。
今仕事でまさにそこらへん頭を悩ませていたり…
でも、金もらってもしょうもないレベルの仕事しかやらん人もいっぱいいるからな~…。
あんな大企業なのに、この程度のディレクションしかしないの???ってびっくりする案件が多くてほんと衝撃うけますよ。
自分が発注側だったら、絶対にこんなとこ咬ませたくないなあと思ってしまう笑

1 Comments

黒ラベル says...""
炎上している彼はクラウドファンディングで出資を募り、30人のイラストレーターにほぼ外注で絵本を完成させたのに、自分1人で書いたかのようなペンネームや売り方がいやらしいですね。勿論商売の観点でいえばすごい才覚ですが、クリエイターとしては褒めたくはない、という感じですかね^^;

他に本職があり、そこで潤沢な資金を得られ、半ば反則的な知名度で他人の土壌に踏み込み荒らした。
クリエイター1本で生きている人間が憤りを感じるのもわかるし、脅威だと思うのもわかる…そう思いました。

2017.01.23 05:11 | URL | #SkpZqjko [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ki3ragi.blog51.fc2.com/tb.php/577-b94cab4f
該当の記事は見つかりませんでした。