FC2ブログ

チラシの裏

多方面にネタバレを含みます。

意識はいつ生まれるのか

■意識はいつ生まれるのか 脳の謎に挑む統合情報理論(ジュリオ・トノーニ / マルチェッロ・マッスィミーニ)

心を持ったロボットが生まれる可能性ってあんのか??という疑問に対して、「そもそも、思考とか意識ってなんなんだ?」ってとこを理解したほうがいいかなーと思って読んだ。
結果としては、まだまだ研究中から暫定的な答えだけど、こういうことじゃない?っていうのがまとめられてる本だったんですが、学術書じゃなくて一般向けな内容で、うまいこと例え話を入れながら語ってくれる形式だったので、すげー読みやすかった。
けど、まあ難しいことは難しかったので、多分3分の1ぐらいしか理解できてないっす。

以下、自分のためのメモ。

意識を生み出す基盤は、おびただしい数の異なる情報を区別できる、統合された存在である。
つまり、ある身体システムが情報を統合できるなら、そのシステムには意識がある。(126ページ)


・意識の発生と、ニューロンの発生には、因果関係はない。
その証拠に、ノンレム睡眠時でも、覚醒時と同じだけのニューロン活動量があり、昏睡・植物状態でも、脳の代謝が意識がある時と同レベルであることが分かっている。
小脳には総ニューロンの3/4(約800億個)が入っているが、小脳は意識の発生には寄与しない。
実際に、小脳を全摘した場合、歩き方(大股・ふらつき)や話し方(言葉を一音節ごと区切って話したり、爆発的に話出したりする)に変化が起こるが、
意識には影響はなく、手術前同様に思考の柔軟性・多様性・鮮明さは保たれる。
小脳が司る動きは無意識なものなのだ。

・意識はいつ、どこで生まれるのか?
φ理論(情報統合理論)に基づけば、意識は、脳内の情報量が最大レベルに高まった時に発生する。
その情報量は、脳のどこで処理されているのか?というと、それは視床-大脳皮質系である。

視床-皮質系の中核には、刺激に対する反応のレパートリーが潤沢につまっている。
「暗い(=闇)」という感覚を人間が考える時、脳の視床-皮質系では「闇ではないものすべて」の選択肢が提示されている。
その中から約百分の一秒の速さで、「暗い」という選択肢を選ぶ判断が下される。
このレパートリーは、視床-大脳皮質系さえあれば、ポンと獲得できるものではない。
朝、目が覚めると朦朧としていた意識が段々と輪郭を持ち覚醒に至るが、それと同じ道筋を経て、獲得し磨かれていくのが「意識」だと考えられる。
母親の胎内にいた時から続く朦朧とした意識が、外界に出て色々な状態を経験し、選別することで、意識は成長していく。
意識のレパートリーが最も蓄積されるのは幼少期だが、大人であってもそれを成長させることはできる。
例えば、ワインを飲むとき、最初は赤と白の違いがぼんやりわかる程度でも、経験(選択)を積むことで、どこのワイナリーで作られたもので醸造年がいつかも判断できるようになる、といったように。

・メモ
全身麻酔手術をした患者のうち千人に一人は手術中に一時的に覚醒してしまう。
手術中に筋肉の反射を防ぐため鎮痛剤も打ってるから痛覚はなく体も動かせないが、体を開かれている感覚はあるのでトラウマでPTSDになったりするらしい。怖い。

大脳皮質のニューロンに電気的な刺激を与えれば、実際に見る聞くなどの感覚器官の協力がなくても、目を閉じて情景を思い浮かべたり、夢を見ることができる。

「シンフォニック・ダンス」めちゃくちゃ格好良かった

201780723.png
都響のコンサートを聴きに行きました。
こういうちゃんとしたクラシックコンサートに行くのは今回は初めて。
春に上野に行った時にチラシを見かけまして、演目が好きな曲だらけだったので「これは是非行かねば!!」とチケットを取った次第でしたが、行ってよかった。すげえ…すげえ、よかった。

演目は下記の3つ。

・ドヴォルザーク 新世界より
・バーンスタイン シンフォニックダンス
・ガーシュウィン パリのアメリカ人

どれも素晴らしくよかったんですが、特に痺れたのが「シンフォニックダンス」!!
飛び抜けてよかった…。
「ウェストサイドストーリー」でお馴染みの曲ですが、私はフィギュアの演目のBGMで聴くか、映画のサントラで聴くかしかなかったので、きちんと聞くのは初めてだったんですが、(こっ、こんなにかっこいい曲だったけ!?)ってびっくりするぐらい迫力ありました。
まさか、生オケでやる時もあの指パッチンをやるとは…!!すげえ。
どでかい東京芸術劇場のホール中に響く指パッチンに、「マンボ!!」の掛け声にゾワワ~~ってきました。
アラン・ギルバートさんの指揮の熱量もすごい。
演奏家的にはめちゃくちゃ忙しい曲なんじゃ!?ってなりましたが、…すっげーかっこよかった…

いや~生オケのクラシックコンサートははじめてでしたが、初回でこんなのに当たってしまうと、もう病みつきになっちゃうね…
安い席を抑えれば結構リーズナブルに聴けるので、今後はもっとホイホイ行こうと思いました。

ちなみに席は後ろの方でしたが、オーケストラを上から見る形になって、全体の動きがよく見渡せて面白かったです。
打楽器とか注目して見てると、色んな楽器を兼任されてて忙しない感じ。打楽器って、兼任するのが普通なのかな?大変だな…。
席からの写真↓
201780723-1.png

-----

以下、コンサートの後に考えてたこと。

昔からある名曲ってすでにいくつも名演があって、クリアな音源もたくさん残ってて、ただ曲を聴くならそれで事足りるのに、今も新しい公演が重ねられるのは何でなんだろう?莫大な時間と金を費やしてまで演奏するのは、そこに人々はどんな価値を見出してるからなんだろう?

生きて行くのに音楽は必要不可欠なものじゃないのに、極限の状態(終戦後の混乱期でもコンサートをしたり、沈むタイタニックで演奏したり)でも、音楽を辞めないのは何故だろう?

国際宇宙ステーションではヒューストン時間の朝7時に地上からウェイクアップコールで音楽が流れるけど、なんでそこでも音楽を求めてしまうのか?オペレーターの時報じゃなくて音楽を優先するのはなぜか?

脳みそはなんで音楽をこんなに求めるんだ?

答えは出てないので、ゆっくり考えよう。

最近読んだ本

最近読んだ本など。

■秘密の花園(バーネット)
イギリス植民地下のインドで生まれ育ったメアリーは、コレラで肉親を亡くし、イギリスはヨークシャーの伯父の家にひきとられることになるが…。
親や使用人から適切な愛情や躾を受けられず、我儘放題のお嬢様だったメアリーが、ヨークシャーでの生活を通して人間性を獲得していき、その過程で冷めきっていた伯父一家にも家族の絆が取り戻されていく…というハートフルストーリー。
メアリーをはじめとして、ディコンやコリン、出てくる子供たちの描写がすげー生き生きしてて、作者は子供が好きなんだなあ~と感じた。(小公子・小公女の作者だしな…)
メアリーのキャラクターが物語に都合のいい我儘お嬢様でないところもいいかんじ。勉強になる…。
また、印象的に登場する花園の描写が見事。ヨークシャーの自然の美しさや厳しさが目の前に広がるように描かれていて、作者うまいな~と。緑があるところで読みたいな~と思ったので、度々近所のデカい公園に行って芝生に腰を下ろしながら読んだんだけども、相乗効果ですごくよかった。

物語としては、プラスの方向へどんどん進んでいって、最後の最後、彼らの未来は明るいだろうと思われるところで終わる。
もう少し、その先も読みたい!と思うタイミングで終わるのが、また絶妙だった。

コッポラが総指揮した映画版もすごくいいらしいので見たいんだけども、ネット配信にもレンタルにもあまりないようで…う~ん、見たいなあ。

■宇宙からの帰還(立花隆)
NASAのアポロ計画に参加したアメリカ人宇宙飛行士へのインタビュー集。
「宇宙に行く」という体験が、彼らの内面にどんな影響を与えたのか?というところに焦点が当てられていて、すごく勉強になった。
これまでSFで宇宙飛行士の話をいくらか考えたことがあるのだけど、そのたびに「こういう場面で本職の人はどう思ってるんだろう?」「こういう訓練はしてるのか?」と色々疑問が出てまして、その辺を一気に解決できて、すごくよかった。

宇宙に行った後の彼らは、程度の差はあれ、ものすごいショックを受けて、死生観とか、神の存在への価値観が変わってたり、宇宙に行った人の中でも、月面着陸までした人と、宇宙遊泳した人と、宇宙船から地球を見ただけの人では精神的な影響が違ったりしてるのが面白かった。(キリスト教のみを信じていた人の多くは、『ほかの宗教の神もひっくるめて、神は神だ』『宗教にたよらない、もっと高次の神』の存在を感じてたりとか。)
宇宙から見た時に公害よりも噴火などの自然災害のほうがえげつなく見えたっていうのも意外だった。(桜島の噴火とか言及されてて、宇宙から見てもすごいのか~と)

興味深かったのは、アポロ計画11号の乗組員は帰還後、月からの伝染病などの恐れから、しばらく隔離されていたとか。宇宙から戻ってくる時は、やっぱり検疫あるのかな~?と考えてたので、これは興味深かった。やっぱそうなのか。今はもうない感じかな?
あとは、宇宙ホタル現象のくだりはワロタ。(時々船外で宇宙をキラキラ光る物体を宇宙飛行士が見ていて、長らく原因不明だったんだけど、宇宙飛行士が排泄した尿が宇宙空間で氷になって、それに太陽光が反射してホタルみたいに見えていたことがわかった)

1985年に出された本なので、科学考証面では今とは違う部分もあるのかな~と思ったので、その辺をアップデートした改訂版とかでないかな~でるとうれしいなあ~。
なんにせよ、SFとか宇宙飛行士が出てくる話を考えてる人は読むとめちゃくちゃ役に立つと思う。

■宇宙を語るⅠ(立花隆)
↑に続いて、今度は2007年に出た本。こちらは日本人の宇宙飛行士へのインタビュー集。
前回に引き続き、内面的なことも聞きつつも、宇宙に行くまでの心構えや、宇宙に行ってからの生活とか、実際的なことが中心だった感。これはこれで、とても役に立ちました。
分刻みのスケジュールで複数の実験(大体10分単位)を回してたり、宇宙飛行士でも実験する人とテクニカルなことをする人で別れてたり、船の中での生活(飲食・睡眠・排泄・男女混合の時はどうするか、など)の話が細かく載ってて勉強になった…
宇宙から戻ってきた時は平衡感覚が失われてたり、宇宙の感覚で空中にモノを置いてしまってコーヒーカップを割ってしまった、とか、ベッドから何度も落ちた、とか…(こういう些細なことが知りたかったんや~~!!!)っていうことが、ザクザク載ってて、ありがたいのなんのって、もう・笑
宇宙から戻ると、大体3日ぐらいで重力には慣れるそうで、これは意外でした。早いんだな。

“人をいたわれ 皆闘っている”

最近見た映画など。
4~5月はアニメばっか見てたので、反動で、今めっちゃ映画見たい期です。
映画は2時間ちょいで濃厚な話を体験できるのが、やっぱいいね~。

■wonder 君は太陽
遺伝子異常で顔がほかの人と違う少年オギーが、初めて学校に通うことになったことで起こる出来事を描いたお話。
オギーに焦点を当てて、障害を乗り越えていく感動系…かと思いきや、彼を取り巻くほかの子供たちの視点も描いた群像劇っぽいお話でした。まさかそう来るとは思わなかった構成だったので、「ああ~~~!そうくる~~~!?!」って衝撃がすごかったw
個人的には、オギーのお姉さん・ヴィラの視点、ヴィラの友人・ミランダ、オギーの友人・ジャックの視点がよかった。(ほとんどやんけ)
両親はオギーのことで大変だから手のかからない子供になるように頑張るヴィラの、「でも、少しでもいいから私のことも見てほしい」という切実な気持ち…子供って、なんも考えてないようでも、実はめちゃくちゃ自分の役割・立ち位置をよく考えて動いてたりするんですよねー…。すごく共感した。
途中で校長先生が「どんなことにも二面性がある」と言ってましたが、本作はその二面性を大事にしてる感じがしました。
子供の頃は、学校とか家族とか、そういう世界が自分のすべてなので、色んな息苦しさを感じたり、そこで生きていくためになんとなく回りに合わせた行動をとったりしますね。(ジャックが、ジュリアンの前で心にもない言葉でオギーを貶すシーンとか、リアルやなあと思った。)
見ていて、自分の子供時代を思い出すところもたくさんありました。
制作陣、子供のことをよく考えて作ってるな~嘘っぽさがなくてよかったよ。

ひとつ残念だったのは、いじめっ子のジュリアンが転校したままで終わってしまったこと。
ジュリアンのやったことは悪いことではあるけれど、彼の母が言う「誰もが(オギーを)受けれ入れられるわけではない」という言葉も、また本質であり真実やな~と思ったので。
なので、出来れば、彼の視点もほしかったな~…。そこがなかったのは本当に残念だ。

あと、オーウェン・ウィルソン演じるパパもすげ~よかった。
オギーが顔を隠すために愛用していたヘルメットを会社に隠したことを打ち明けるとこの、「息子の顔が見たかったからだ」って言うシーン、すげぇいいよね。彼のガキっぽさと、パパと夫としてのキャラクターのバランスは最高でした。結婚してくれ笑

それにしても、オギーをペスト菌扱いして嫌う同級生たち…いじめっ子のいじめの手法って、日本もアメリカも変わらねーんだな!とちょっとびっくりでしたよ。なんなんすかね…どうして国や文化が違えども、菌扱いする思考にいたるのか、ここはちょっと興味が湧きました。どんなメカニズムなんや。

あ、あとあと、スターウォーズネタの入れ方が絶妙でよかったね!
オギーがパダワンの真似っこしてるのとか、印象的な場面で出てくるチューバッカとか。
アメリカの子供の生活には、あんなふうに、自然な形でスター・ウォーズが存在すんのかな~いいな~

■30年後の同窓会
息子をイラクの駐屯地で亡くした男が、息子の遺体を引き取りに行くのに、かつてベトナム戦争で共に戦った友人に同行を願う…というロードムービー。
原題は「Last Flag Flying」。邦題の語呂も嫌いじゃないけど、雰囲気が違いすぎるな笑

妻も息子も亡くしてしまった悲しい男が主人公で、彼の境遇を思えばとてもつらいところなんだけど、全編に散りばめられるおっさんたちの友達同士のバカ騒ぎが明るい雰囲気も残してて、今後の彼の人生が良きものになるだろうという感じを残していて、バランス感が絶妙。
ベトナム戦争とイラク戦争を通して、愛国心とは?戦場とは?という部分にも踏み込んでいて、示唆に富んだお話だったけど、説教臭さはなかったのがよかった。
主人公の友人のサルが実にいい役どころだったなあ。
終盤、主人公たちが自分たちが原因で死んでしまった戦友の母の元に謝罪に行くんだけど、母から「息子は死ぬ前に仲間を助けたと聞いてる。あなたたちがそうなのね?」と聞かれ、思わず嘘をついてしまうシーンが印象的だった。
(主人公の息子の死因について、嘘を教えた軍に苛立ちを見せていたサルが、ここで嘘の答えを返してしまうのが絶妙)
主人公もよかったね。スティーブ・カレル氏の静かな演技が実に素晴らしく…理不尽への怒り、過去への後悔を静かににじませながらも、友人とバカ話をして笑い転げる。いいなあ。
主人公一行に同行した軍人のワシントンくんもよかった。
ところで、列車の中のおっさんたちの猥談シーンはかなり笑えた。
アメリカンの猥談は、セリフ選びにセンスが光りまくってて感心するわ…笑

個人的に、物心ついてから初めて体験した戦争がイラク戦争だったから、作中のニュース映像は見ながら色々と考えてしまった。
(現地にいたわけじゃないから体験ではないんだけど、リアルタイムでニュースで見た戦争が…ってことです)

■地獄の黙示録
午前十時の映画祭でやってたので、是非かの有名なワルキューレの騎行シーンを劇場で見たい!と思い行ってきました。
ベトナム戦争の恐ろしさと異常性がガンガン詰め込まれてて、かなり緊張感あった。
ナパーム弾が炸裂するシーンは、本当に森を燃やしてるそうで…すげー物量。圧倒。
後半のカーツ大佐登場後の展開も、異常性が際立ってて、いつ誰が殺されるのかわからなくてびびりまくりだったけど、正直中盤までのベトナム戦争シーンとは乖離して、ちょっと残念な感じも…。
大佐役のマーロン・ブランドが太りまくってたせいで、色々設定を変えたりして、コッポラがめちゃくちゃ苦労しながら作ったということなので、彼としても若干不本意なとこがあったりしたんだろうか…。

話が進むにつれて眼光の鋭さが際立っていくウィラード大尉(マーティン・シーン)は、実にかっこよかった…。
大画面で見れてよかった。

音楽が冨田勲氏っぽいなあと思ったけど、オファーしてたけど実現しなかったってことで、大分意識してたのかなと。
音楽が緊張感を上げてて、私はすごく好きでした。


■バチカンで逢いましょう
夫を亡くした老婆が、こっそり家出してバチカンのローマ法王の元に、ある懺悔をするために赴くが…というお話。
ドイツ料理がめっちゃ美味そう。
話はそんなにかな…もうちょっと脚本練りこんでほしかった気も。
主人公の犯した罪が、自分が苦手な不倫ネタに繋がってたので、ちょっちなあ…。
主人公の娘が可哀想。自分があの立場だったら、ふざけんな~~墓までもってけばかやろ~~ってぐれると思う。
(娘の旦那がいい人だったので、そこが救いかな…)
主人公の孫娘が、バンドマンの彼氏の浮気現場を見てしまい、必死に追いすがってくる男に対して「私は自分を大事にしたい」と言って、きっぱり断るシーンは爽快!孫娘が一番人間出来てるんじゃねーのか!?ってなった。


■Mrホームズ
年老いたホームズ。記憶忘れも激しくなった彼が、自分が引退する原因になった事件について再調査するお話。
自分はホームズ大好きマンなので、それだけで結構バイアスかかってしまうというか、ホームズはロマンだなあ!と思いながら見ました。
ワトソン亡きあとのホームズの相棒として振る舞う、家政婦の息子との関係性もよかった。
あと、イギリスの田舎の雰囲気はいいね~。好き。
ただ、日本の話がえっらいお粗末だったのが残念。
記憶力の低下に山椒が効く、ということでホームズが日本に山椒を探しにくる場面があるんだけど、原爆投下後の広島で山椒を見つける…って…うーん。原爆投下のイメージとかが、ホームズが過去の記憶を取り戻すシーンの心象イメージにも使われてるんだけど、あまり効果的ではなかったような(本筋の話と、関連性が低すぎる)
最後の手紙のシーンは、事件の真相を突き止めたホームズの心境とリンクさせるためのギミックだったのだと思うんだけど、それもあんまり上手には処理できていないような気が。
あと、日本のセットがいちいち中国チックなのが気になった笑
「ティファニーで朝食を」の時代から、海外から見た日本のイメージってあんま変わってないんちゃうかなって感じでした。

もりやすじ原画展

5月半ばぐらいの話ですが、吉祥寺でやってた「もりやすじ原画展」に行ってきました。
古書店の一角でちょこっと原画があるタイプの展示会でしたが、直筆画を見れたのは、とてもよかった~
すっごい単純な線だけど、キャラクターがめちゃくちゃ生き生きとしてて、雰囲気もがっつり出てて、こんな絵が描けたら最高だろうなあ…と思いつつ、眺めました。
自分もいつか、これぐらいシンプルでうまい絵が描けるようになりたいなあ…。

以下、写真。
20180610 (2)
「太陽の王子ホルスの大冒険」より、ヒルダ。
本作は最近見たんですけど、中盤以降の主人公は完全ヒルダでしたね…。大学時代に受けたアニメ学の授業で、教授が「ヒルダはダークヒロインの元祖なんです!」と熱弁していたことを思い出しました。声は市原悦子さんなんですよ…びっくり。
ホルスは、先日亡くなられた高畑勲さんの初監督作品でもあり、日本を代表するレジェンドアニメーターがこぞって参加してるどえらい映画なので、そこらへんの意味でも見てて面白いです。
結婚の衣装を作るシーンとか、生活の様式を丹念に描くところが高畑監督っぽさを感じる作品。
ヒルダになつく村の幼女からは、後のハイジを彷彿をさせる雰囲気もあり。(てか、キャラデザが小田部羊一さんだしな)

20180610.jpg
「シートン動物記 くまの子ジャッキー」。
めちゃくちゃかわええ~~
くまの子ジャッキー自体は見たことないんですが。なんか昔、BS2のアニメ劇場でやってたような気もするが…。
シートン動物記も、子供の頃に親から1冊もらったんですけど、読まずに終わったな~~

20180610 (3)
「どうぶつ宝島」のストーリーボードっぽい。
この映画は、ヒロイン・キャシーが宮崎ヒロインの系譜を感じさせて(・∀・)ニヤニヤできます。
あと、一度聴いたら頭から離れない強烈な主題歌。あれはヤバイ。