チラシの裏

多方面にネタバレを含みます。

“人をいたわれ 皆闘っている”

最近見た映画など。
4~5月はアニメばっか見てたので、反動で、今めっちゃ映画見たい期です。
映画は2時間ちょいで濃厚な話を体験できるのが、やっぱいいね~。

■wonder 君は太陽
遺伝子異常で顔がほかの人と違う少年オギーが、初めて学校に通うことになったことで起こる出来事を描いたお話。
オギーに焦点を当てて、障害を乗り越えていく感動系…かと思いきや、彼を取り巻くほかの子供たちの視点も描いた群像劇っぽいお話でした。まさかそう来るとは思わなかった構成だったので、「ああ~~~!そうくる~~~!?!」って衝撃がすごかったw
個人的には、オギーのお姉さん・ヴィラの視点、ヴィラの友人・ミランダ、オギーの友人・ジャックの視点がよかった。(ほとんどやんけ)
両親はオギーのことで大変だから手のかからない子供になるように頑張るヴィラの、「でも、少しでもいいから私のことも見てほしい」という切実な気持ち…子供って、なんも考えてないようでも、実はめちゃくちゃ自分の役割・立ち位置をよく考えて動いてたりするんですよねー…。すごく共感した。
途中で校長先生が「どんなことにも二面性がある」と言ってましたが、本作はその二面性を大事にしてる感じがしました。
子供の頃は、学校とか家族とか、そういう世界が自分のすべてなので、色んな息苦しさを感じたり、そこで生きていくためになんとなく回りに合わせた行動をとったりしますね。(ジャックが、ジュリアンの前で心にもない言葉でオギーを貶すシーンとか、リアルやなあと思った。)
見ていて、自分の子供時代を思い出すところもたくさんありました。
制作陣、子供のことをよく考えて作ってるな~嘘っぽさがなくてよかったよ。

ひとつ残念だったのは、いじめっ子のジュリアンが転校したままで終わってしまったこと。
ジュリアンのやったことは悪いことではあるけれど、彼の母が言う「誰もが(オギーを)受けれ入れられるわけではない」という言葉も、また本質であり真実やな~と思ったので。
なので、出来れば、彼の視点もほしかったな~…。そこがなかったのは本当に残念だ。

あと、オーウェン・ウィルソン演じるパパもすげ~よかった。
オギーが顔を隠すために愛用していたヘルメットを会社に隠したことを打ち明けるとこの、「息子の顔が見たかったからだ」って言うシーン、すげぇいいよね。彼のガキっぽさと、パパと夫としてのキャラクターのバランスは最高でした。結婚してくれ笑

それにしても、オギーをペスト菌扱いして嫌う同級生たち…いじめっ子のいじめの手法って、日本もアメリカも変わらねーんだな!とちょっとびっくりでしたよ。なんなんすかね…どうして国や文化が違えども、菌扱いする思考にいたるのか、ここはちょっと興味が湧きました。どんなメカニズムなんや。

あ、あとあと、スターウォーズネタの入れ方が絶妙でよかったね!
オギーがパダワンの真似っこしてるのとか、印象的な場面で出てくるチューバッカとか。
アメリカの子供の生活には、あんなふうに、自然な形でスター・ウォーズが存在すんのかな~いいな~

■30年後の同窓会
息子をイラクの駐屯地で亡くした男が、息子の遺体を引き取りに行くのに、かつてベトナム戦争で共に戦った友人に同行を願う…というロードムービー。
原題は「Last Flag Flying」。邦題の語呂も嫌いじゃないけど、雰囲気が違いすぎるな笑

妻も息子も亡くしてしまった悲しい男が主人公で、彼の境遇を思えばとてもつらいところなんだけど、全編に散りばめられるおっさんたちの友達同士のバカ騒ぎが明るい雰囲気も残してて、今後の彼の人生が良きものになるだろうという感じを残していて、バランス感が絶妙。
ベトナム戦争とイラク戦争を通して、愛国心とは?戦場とは?という部分にも踏み込んでいて、示唆に富んだお話だったけど、説教臭さはなかったのがよかった。
主人公の友人のサルが実にいい役どころだったなあ。
終盤、主人公たちが自分たちが原因で死んでしまった戦友の母の元に謝罪に行くんだけど、母から「息子は死ぬ前に仲間を助けたと聞いてる。あなたたちがそうなのね?」と聞かれ、思わず嘘をついてしまうシーンが印象的だった。
(主人公の息子の死因について、嘘を教えた軍に苛立ちを見せていたサルが、ここで嘘の答えを返してしまうのが絶妙)
主人公もよかったね。スティーブ・カレル氏の静かな演技が実に素晴らしく…理不尽への怒り、過去への後悔を静かににじませながらも、友人とバカ話をして笑い転げる。いいなあ。
主人公一行に同行した軍人のワシントンくんもよかった。
ところで、列車の中のおっさんたちの猥談シーンはかなり笑えた。
アメリカンの猥談は、セリフ選びにセンスが光りまくってて感心するわ…笑

個人的に、物心ついてから初めて体験した戦争がイラク戦争だったから、作中のニュース映像は見ながら色々と考えてしまった。
(現地にいたわけじゃないから体験ではないんだけど、リアルタイムでニュースで見た戦争が…ってことです)

■地獄の黙示録
午前十時の映画祭でやってたので、是非かの有名なワルキューレの騎行シーンを劇場で見たい!と思い行ってきました。
ベトナム戦争の恐ろしさと異常性がガンガン詰め込まれてて、かなり緊張感あった。
ナパーム弾が炸裂するシーンは、本当に森を燃やしてるそうで…すげー物量。圧倒。
後半のカーツ大佐登場後の展開も、異常性が際立ってて、いつ誰が殺されるのかわからなくてびびりまくりだったけど、正直中盤までのベトナム戦争シーンとは乖離して、ちょっと残念な感じも…。
大佐役のマーロン・ブランドが太りまくってたせいで、色々設定を変えたりして、コッポラがめちゃくちゃ苦労しながら作ったということなので、彼としても若干不本意なとこがあったりしたんだろうか…。

話が進むにつれて眼光の鋭さが際立っていくウィラード大尉(マーティン・シーン)は、実にかっこよかった…。
大画面で見れてよかった。

音楽が冨田勲氏っぽいなあと思ったけど、オファーしてたけど実現しなかったってことで、大分意識してたのかなと。
音楽が緊張感を上げてて、私はすごく好きでした。


■バチカンで逢いましょう
夫を亡くした老婆が、こっそり家出してバチカンのローマ法王の元に、ある懺悔をするために赴くが…というお話。
ドイツ料理がめっちゃ美味そう。
話はそんなにかな…もうちょっと脚本練りこんでほしかった気も。
主人公の犯した罪が、自分が苦手な不倫ネタに繋がってたので、ちょっちなあ…。
主人公の娘が可哀想。自分があの立場だったら、ふざけんな~~墓までもってけばかやろ~~ってぐれると思う。
(娘の旦那がいい人だったので、そこが救いかな…)
主人公の孫娘が、バンドマンの彼氏の浮気現場を見てしまい、必死に追いすがってくる男に対して「私は自分を大事にしたい」と言って、きっぱり断るシーンは爽快!孫娘が一番人間出来てるんじゃねーのか!?ってなった。


■Mrホームズ
年老いたホームズ。記憶忘れも激しくなった彼が、自分が引退する原因になった事件について再調査するお話。
自分はホームズ大好きマンなので、それだけで結構バイアスかかってしまうというか、ホームズはロマンだなあ!と思いながら見ました。
ワトソン亡きあとのホームズの相棒として振る舞う、家政婦の息子との関係性もよかった。
あと、イギリスの田舎の雰囲気はいいね~。好き。
ただ、日本の話がえっらいお粗末だったのが残念。
記憶力の低下に山椒が効く、ということでホームズが日本に山椒を探しにくる場面があるんだけど、原爆投下後の広島で山椒を見つける…って…うーん。原爆投下のイメージとかが、ホームズが過去の記憶を取り戻すシーンの心象イメージにも使われてるんだけど、あまり効果的ではなかったような(本筋の話と、関連性が低すぎる)
最後の手紙のシーンは、事件の真相を突き止めたホームズの心境とリンクさせるためのギミックだったのだと思うんだけど、それもあんまり上手には処理できていないような気が。
あと、日本のセットがいちいち中国チックなのが気になった笑
「ティファニーで朝食を」の時代から、海外から見た日本のイメージってあんま変わってないんちゃうかなって感じでした。

もりやすじ原画展

5月半ばぐらいの話ですが、吉祥寺でやってた「もりやすじ原画展」に行ってきました。
古書店の一角でちょこっと原画があるタイプの展示会でしたが、直筆画を見れたのは、とてもよかった~
すっごい単純な線だけど、キャラクターがめちゃくちゃ生き生きとしてて、雰囲気もがっつり出てて、こんな絵が描けたら最高だろうなあ…と思いつつ、眺めました。
自分もいつか、これぐらいシンプルでうまい絵が描けるようになりたいなあ…。

以下、写真。
20180610 (2)
「太陽の王子ホルスの大冒険」より、ヒルダ。
本作は最近見たんですけど、中盤以降の主人公は完全ヒルダでしたね…。大学時代に受けたアニメ学の授業で、教授が「ヒルダはダークヒロインの元祖なんです!」と熱弁していたことを思い出しました。声は市原悦子さんなんですよ…びっくり。
ホルスは、先日亡くなられた高畑勲さんの初監督作品でもあり、日本を代表するレジェンドアニメーターがこぞって参加してるどえらい映画なので、そこらへんの意味でも見てて面白いです。
結婚の衣装を作るシーンとか、生活の様式を丹念に描くところが高畑監督っぽさを感じる作品。
ヒルダになつく村の幼女からは、後のハイジを彷彿をさせる雰囲気もあり。(てか、キャラデザが小田部羊一さんだしな)

20180610.jpg
「シートン動物記 くまの子ジャッキー」。
めちゃくちゃかわええ~~
くまの子ジャッキー自体は見たことないんですが。なんか昔、BS2のアニメ劇場でやってたような気もするが…。
シートン動物記も、子供の頃に親から1冊もらったんですけど、読まずに終わったな~~

20180610 (3)
「どうぶつ宝島」のストーリーボードっぽい。
この映画は、ヒロイン・キャシーが宮崎ヒロインの系譜を感じさせて(・∀・)ニヤニヤできます。
あと、一度聴いたら頭から離れない強烈な主題歌。あれはヤバイ。

ソルティレイ&プラスチックメモリーズ

またまたアニメを見たので感想をば。

■ソルティ・レイ
12年前に起こったブラストフォールという災害で行方不明になった娘を探しながらハンターをするロイの元に、身元不明の機械の少女が落ちてきて…。という、2005年制作のSFアニメ。

前からネット掲示板でよく名前を見てたので気になってたので見ました。
終盤の展開が惜しい感じはありましたが、最終回Cパートが最高に名作だったのでもういいんや…。
主人公の一人であるロボ娘のソルティちゃん、もっと無感情系ロボかと思ったんですが、かなり人間らしい仕草のいい娘だったので、ギャップもあいまってよかった。人間であるもう一人の主人公ロイも、もっとハードボイルド化と思いきや、結構人間臭いおっさんだったのがよかったですな。中の人の中田譲治が実にいい演技をしてて…娘が大事なダメ親父っぷりがよかった。
女盗賊のローズは意外な立ち回りのキャラでしたが、中盤までは結構好きでした。いや、最終的にもまあ好きなんだけど、プロシードに所属してからの行動に対してお咎め全然ないのがな…少なくともセリカを間接的に殺してるわけだしなあ…。
いやぁでも最終回Cパートがよかったので…(何度でも言う。)
ラスボスの中の人が島本須美さんってのもよかった。
私が彼女のファンだからってのもあるでしょうが、あのハスキーで優しい声に機械的な慈悲を持ったAI役やらせるの、最高だね…無慈悲な慈悲っていいわあ

■プラスチックメモリーズ
ギフティアというアンドロイドが実用化された近未来。大学受験に失敗した主人公は、約10年でメモリーが消えてしまうギフティアを回収する会社・ターミナルケアにコネ入社。そこで、クールでポンコツなギフティアの少女アイラとコンビを組むことになるが…。2015年制作のSFアニメ。

オチは知ってまして、自分は絶対泣くだろうな~と思ったんですが、全体的に惜しいつくりの作品で、いまいちノリきれませんでした。
主人公のバディであるアイラはもうすぐメモリーが消えてしまう(=寿命が近い)ギフティアで、主人公と彼女との出会いと別れ…を主軸にした話なんですが、ギフティアの設定がどうにもガバガバすぎて…。
ギフティア、10年でメモリーが初期化されるのはいいとして、初期化された後に暴走する個体もいるっていう設定もあり、(メモリーのバックアップもとれない上に、放置してたら暴走して人間に被害がでる恐れがあるアンドロイドって欠陥製品すぎね??)ってなってしまい…序盤は結構この暴走周りの話で暗い展開もあるんですけど、この危険性に対して市政の人はどう感じてるんだとか、そこらへんの問題がピックアップされないので、なんか薄っぺらいというか…。
ギフティアがなんでこんなに普及したのか?とか、「アンドロイドが実用化された未来なんで」の一言で済むっちゃあ済むんですが、そこは一言でも言及がほしい…。
人間とギフティアは見た目はほとんど差異もないし、ギフティアの不具合ネタもアイラのポンコツ具合でしか描写されないので、あんまりアンドロイドにした意味が薄くてですね…

「やりたいことはわかるけど、世界観がガバガバすぎて乗り切れない…」というまま、最終回を迎えてしまいました。

う~ん。
せめて、OPも含めて色々と匂わせていたアイラの過去話はしっかりやってほしかったな。
キャラクターがアイラの過去を口頭で語るだけで済ませられてるので、そこもあまり感情移入できないんですよね…。
もっと、過去のアイラの仕事ぶりと、そっからの挫折にフォーカスしたほうが、主人公との日々でアイラが救われたよっていう肝の部分が生きたと思うんですが…。

色々反面教師になったけれども…いやー惜しいなあ。
アイラちゃんがわりと可愛いキャラだったのが救いだ…。

生活習慣を変える試み

実は4月に転職して新しい職場で勤務が始まってそろそろ1か月…って感じなんですが、勤務時間が前よりも1時間前倒しになったことで、生活習慣が朝型にシフトしつつあります。(前は10時~19時だったけど、今は9時~18時)
夜型の生活習慣が抜けてないので、まだ就寝時間は遅いんですが、朝早く起きると結構メリハリが効いて個人的には気分いいなあという感じ。通勤が混雑すると嫌だなあと思ってたんですが、移動時間的も“足が床につかない!”とかそんなレベルのラッシュではないので、まだ快適ですw
このまま朝型生活にシフトしていきたいな~…と。

あと、新しい試みというか、4月からは“もっと、一人でも色々外出しよう!”というのをモットーに、あちこち出歩いてます。
このブログにも度々書いてるんですが、“出かけるのは好きだけど、一人で出かけるのはあまり好きでない”タチなので、上京してからはわりと休日は引きこもりがちだったんですが、折角限られた期間上京してるんだから、色々見て回るべきだよな~と思い、カフェめぐりしつつ街を散策…とか、そういうことをしております。
渋谷とか、騒々しい街でそんな好きでもなかったけど、駅前から外れると全然違う景色が広がってたりするのを発見できたり、なんとなく足を運んだ上井草がサンライズのあるところで駅前にガンダム像があってテンションが上がる!という体験をしたり、結構楽しいですw
あとは、美術館とかも積極的に行くようになりました。海外まで見に行くコストを考えると、1500円くらいで色んな展示が見れるのは、かなりお得だよなあ~ということに今更気づくという…。

移動時間も、これまではスマホでSNSとか見てたんですが、そこもなるべく読書に時間をあてるようにしたり…。前々から、なんとなくSNS眺める時間が多いのはよくないな…と思っていたので。だらーっと眺める情報って、あんまり頭に入ってきてなくて、1年で言うと結構な時間を浪費してしまってるのがやばいなあと今更気づくという…。(二回目)
速読技術があるわけではないので、読書に充ててる時間と得られる情報量でいうとパフォーマンスよくないのかも…のですが、自分のペースで文字を追うことは結構好きなので、この習慣は定着させていきたいところです。

と、いうわけで、色々習慣を変えようと、ゆる~っとやってます。
あとは、1日1回、つけペンを握る習慣をつけたいなあ…。絵ってほんと、描かないと劣化するんで…。
(↓ネタ帳に落書きぐらいなら、日常的にやってるんですけど、もっといろいろ意識して描く絵を増やさねば…。)
20180516.png

ママは小学4年生

Amazonプライムで見放題だったので見てたら、4月いっぱいで配信が終わってしまっており冷や汗かきましたが、なんとかバンダイチャンネルで配信してるのを発見したので、無事完走できました。レンタル店とかにも早々ないタイトルだから、まじ、焦った~

キャラクターデザインと、OPのアニメーションが個人的にめちゃくちゃ好きで前から気になってた作品だったんですが、面白かったし、キャラデザがほんとによかった!ほんと、見てよかった!

あらすじは、『ロンドンに転校予定だった主人公・水木なつみの元に、15年後の未来から自分の娘であるみらいちゃんがタイムスリップしてきた。なつみはロンドン行をやめ、秘密を知る叔母のいずみと二人でみらいちゃんが未来に帰れる日まで、面倒を見ることになる』…という育児もの。
自分の年代だと、育児ものといえば、「だぁ!だぁ!だぁ!」が印象深い。今年のプリキュアも育児ものですけど、育児ものの走りはどうやら本作がルーツ?のようです。まじか。

まあ育児言うても子供向けだしな…と思ってみたら、結構要所要所で生々しい育児の側面をクローズアップする話があったりしてびっくりでした。ダイエット回では「ダイエットしすぎると将来子供が産めなくなるかもしれませんよ」って言及があるし、母親が働きに出る回では子供を預けて働きに出ることの是非について描かれてるし…92年のアニメだけど、その時点でそういう生き方をしているお母さんって結構いたのかな?現代でも全然通用する話だったなあ。

なつみが小学4年生なりに必死にみらいちゃんのママをしている姿、それを支える周囲の人間模様、色んな親子の形とか、ストーリーテリングが中々しっかりしつつ、ラブコメ要素も入ってて、全体としてはかなり軽快に見れてよかったです!
個人的には、最初はどうかな?と思ったみずきのクラスメイトの大介くんが、秘密を共有した中々頼れる奴になっていく過程とか、みずきと同居することになった漫画家志望の叔母のいずみ(赤ちゃんが大嫌いで、あんまり協力的じゃないけど根はやさしい)がいいキャラしててよかった…。なつみと大介のケンカップルっぷりは、「姫ちゃんのリボン」の姫ちゃんと大地の関係性が好きな人にはたまらないと思うw
みらいちゃんもめちゃくちゃ可愛かった。声が吉田理保子なのがびっくりですよ。クララ・ゼーゼマンの面影全然ねえ~声優ってすごいわ。51話中、最終回のクライマックス以外は喃語しか喋らないんだけども、アフレコ現場どんなだったんだろうかw
なつみの声優がこおろぎさとみなんですが、彼女はこれが初主演だったそうで。今でこそロリ・赤ちゃん声優のイメージ強いですけど、彼女がみらいちゃんじゃなくてなつみ役なのが個人的によかったな~と。
最終回で、未来に帰っちゃうみらいちゃんに皆がお別れを言うシーンで、みんなが別れを惜しむのに対して、なつみだけが「ちょっとだけバイバイね」「すぐ に会えるから、いい子で待っててね」っていうのが彼女がみらいちゃんのママである証というか、小学4年生なりにしっかりママをやってきた証になっててグッときた。(ここの、こおろぎさんの演技がほんとにいい)
それに応えるかのように、最後の最後でみらいちゃんがなつみに「マンマ~」って言うシーンもいい!こんなん泣くわ…。
そしてラストシーンで、ロンドン行でしばしお別れになったなつみが大介と握手して「いってきます!」というシーンが素晴らしい…大介がぽけっとしてるのがね~~それが恋心やぞ~~(・∀・)ニヤニヤw

そいや、「みらいちゃんのパパは誰か?」問題は最後までぼかすのかなと思ってみたら、結構序盤から大介フラグが立ちまくりだったので、かなり(・∀・)ニヤニヤして見れた。「誰がみらいのパパなんだ?」って話題になるたびに、「おめーがパパになるんだよ!!!」って突っ込みながら見てたw(・∀・)ニヤニヤ
ま、よく見れば、OPに出てるパパがめちゃくちゃ大介なので謎もくそもないんだけど…。
ただ、大介は本編中ではスポーツ万能・機械に強い・映像監督の才能あり・味噌の老舗の息子と設定てんこもりなので、OPのサラリーマン姿は「お前サラリーマンに落ち着く人間ちゃうやろ!?」って違和感がすごいんですがw 

なお、92年の星雲賞メディア部門受賞作なので、SFギミックも楽しみにしてたんですが、そっちの処理は中々…『こまけえこたあいいんだよ!!』と言わんばかりの処理で(ええっ!?)ってなりましたw 
うーん、全体的に、バックトゥザフューチャーから影響うけてるのかなって感じのSF設定だったので、ここらへんの処理がもっとうまければ完璧な作品だったのに、もったいない…。
最終回でタイムスリップでみらいちゃんが未来に帰る時、未来からタイムスリップした次の瞬間に戻っているので、未来のなつみたち的にはみらいちゃんはすぐ戻ってきた…という体感になるんですけど、あれは「みらいちゃんが未来に帰った段階で、みらいちゃんが半年間過去に行っていた世界線とは別のパラレルワールドが発生した」ってことなんだろうか?
未来のなつみたちに、小学生時代のみらいちゃんとの生活の記憶がなかったのも、よく考えると…この辺は、有名な親殺しのタイムパラドックス状態でしたな…。
ま、パラレルワールド説が正しいのであれば、「最終回でみらいちゃんを未来に返したあとのなつみたちの未来はまだ未確定」っていう見え方ができるので、それはそれで面白いとは思うんですが。

サンライズとしては、初めての女児向けアニメだったという本作。
中々いい作品だったと思うんですが、この後、サンライズは「アイカツ!」シリーズまで女児向けアニメからは離れてるんですよねえ…。やっぱおもちゃが売れなかったのかなあ。物語ありきで販促物作ってたっぽいので、ノルマのように毎回アイテムが出てきたりすることもなかったし、そこらへんが要因なのだろうか…。
サンライズが女児向けアニメを作り続ける世界線も、探せばあるのかも…(そうなると、日本のアニメ事情がまた色々変化してそうだなあ)

とにかく、個人的にすごく好きな作品になりました。
見終えた後に速攻で中古のムック本とドラマCDを買いあさったので、届くのが楽しみだ~~